四診とは、

四肢とは、望診・聞診・問診・切診の診断方法です。

望診とは:視覚による神・色・形・態を観察し、疾病の状況を視る診察法です。

1.神とは:精神・意識状態と顔の色艶・くすみ・はり・潤いなど総括して、生命力・精神力を視ること。

2.色とは:疾病の変化が病人の皮膚の色として現れる(特に顔色)で基本5色に分けられそれらを視ること。

五臓肝  

五色

病状

五主血脈肌肉皮毛

五官口唇

五神

3.形とは:患者の体形から受ける印象。頑健か虚弱か、太ってるいる痩せてるなどを視ること。

4.態とは:患者の動作と静止している時の姿勢、および疾病に関係のある体位の変化を視ること。

 顔面診                               舌診(寒熱を良くみれる)

 他の顔面診                        眼診

           

 

聞診とは、

 音声を聞くことと臭気を嗅ぐことが含まれている。病人の言語、呼吸、咳嗽などの音声などの音声を診察することと、嗅覚によって、病人の臭い及び排泄物などの臭いより診察することである。

発声は、肺・喉・喉頭蓋・舌・歯・唇・鼻などの協調によってなされるもので部位の病変が声調に異変をもたらす。健康状態では、人の声は、自然でのびやかである。また声は情志の変化につれ調子を変える。

 各種の排泄物に悪臭がある時は、実熱証によく見られ、生臭い時は虚寒証によくみられる。

 

問診とは、

 患者やその付添いの方に質問することにより、発病の時期・原因・経過・既往歴・痛みの部位および生活習慣・飲食の嗜好など疾病にかんする情報を収集する診察法です。

 明代の長景岳の「十問歌」にその重点が要約されている。内容は「一に寒熱を問い、二に汗を問う、三に頭身を問い、四に便を問う、五に飲食を問い、六に胸を問う。七に聾、八に渇ともにまさに弁ずべく、九に脈色により陰陽を察し、十に気味より神見を章かにす。」

 

切診とは:脈診と按診の腹診・背侯診・原穴診・井穴診がある。

1.脈診とは、手指の先端で病人の脈拍を触圧し脈象を調べ病状の変化を知る診断法です。

     
   
小腸 心経大腸 肺経
胆経 肝経胃経 脾経
膀胱 腎経三焦 心包

 

脈診で確認した病状と問診をふまえ按診にて再確認する。

2.按診の一つ腹診とは、てのひらで寒熱を確認し、手指による触圧(寒熱・張り・圧痛等)で病状の変化を知る診断法です。

五臓腹診                   夢分流腹診  

     

 

3.その他の按診、井穴診、原穴診、背侯診は、臓腑の経穴に対して手指による触圧(寒熱・張り・圧痛等)で病状の変化を     確認する診断法です。