気血津液とは

気血津液精とは

人体の生命活動を維持するために重要な物質である。これらは、水穀の精気(飲食する事で得られる栄養)から作られる。気・血・津・液・精は、臓腑・経絡を機能させるための基礎物質であり、また一方で臓腑・経絡の生理機能で生産されるものである。

 

1.気とは

運動と変化によって生命活動に関与するもの。

(1)気の種類とその生成過程

人体において、分布部位と機能により、元気・宗気・営気・衛気に分けられる。

1)元気

大まかの意味で気と同義語の事であり、別名「原気」「真気」とも呼ばれ、両親から頂いた先天の精(腎中の精気)が変化したもので、出産後は、脾胃により生成される後天の精(水穀の精)と肺の呼吸による清気により滋養・補填されるものである。原気は、生命活動の原動力で全身(各臓腑・組織)の機能に関与しています。不足すると成長の遅れ、生殖機能減退、ひどくなると各種疾病などが起こりやすくなります。

2)宗気

清気と水穀の気の結合により生成され胸中に集められる。宗気は、呼吸作用と心血の推動作用に関与。さらに視る・聴く・言う・動くといった身体作用と関係があり、「動気」とも言われる。不足すると呼吸が浅い、声が弱く低い声になり、ひどくなると体に力がはいらず動けず、血の流れも停ります。

3)営気

営気は、栄気ともいい、脾胃と水穀の精微から生成され。血液と一緒に流れ全身を栄養します。

4)衛気

 衛気は、「衛陽」とも言われ、主に水穀の気から生成される。衛気は、活動性が高く動きが速く外は皮膚・肌肉から内は胸腹部内の臓腑にいたる全身に分布。働きは防御作用で肌表外邪(風邪・寒邪・湿邪・燥邪・熱邪・火邪)の侵入に抵抗し、汗腺を開閉することにより体温調節をはかり、臓腑の温煦作用、皮膚の潤沢にする。

 

(2)気の作用

1)推動作用:人体の成長・発育、各臓器の生理活動、血の循行、津液の輸布する作用。

2)温煦作用:全身や各組織を温める作用。

3)防御作用:肌表を保護し、外邪の侵入を防ぐ作用。

4)固摂作用:体液の漏出を防ぐ、臓腑を正位置に留める、汗や尿の排出コントロールする作用。

5)気か作用:①化生、精は気に化す、気は血に化す。

        ②臓腑気化、排尿、膀胱の気化作用。

 

2.血とは

脈管中の赤い液体であり、主として水穀の精微から化生されてできる。全身を栄養・滋養する機能を持ち、精神活動の基礎物質。

(1)血の生成

中焦の脾胃より生成される。飲食物は胃に入り、腓で吸収・運化されることにより水穀の精微に変化する。そのなかの精気と津液が脈管内にしみこみ、血液となる。

(2)血の作用

血は全身を循行し、内は五臓六腑から、外は皮肉筋骨にいたるまで、全身の栄養供給と滋潤する。

(3)血の循行

血の脈管の中を循行して全身を休みなく循環し、各臓腑・組織・器官にこたえている。

関係する臓腑は、心・肺・脾・肝です。

気と血の関係:気は血の帥、血は気の母

 

3.津液とは

津液とは体内における各種の正常な水液の総称である。

(1)津液の生成・輸布および排泄

津液は水穀の精微から化生したものの一つで、水穀は胃に入った後、脾によって消化吸収されて一部が津液になる。

三焦を通路として、肺・脾・腎・膀胱の作用で全身に輸布され、排泄される。

(2)津液の作用

津液には、滋潤・滋養の作用があり、体表を滋潤し、臓腑を滋養する。また孔竅(目・鼻・口)では、涙・涕(鼻水)・唾液で滋潤し、関節の動きを滑らかにする。さらに脳・骨髄を滋潤する。

(3)津液の分類

津液はその性状により、澄んでさらさらしたものを「津」。濁ってねっとりしたものを「液」という。

五液:心の液(汗)・肺の液(涕)・肝の液(涙)・脾の液(涎)・腎の液(唾)

 

4.精とは、

(1)先天の精:父母から受け継ぐ生殖の精

(2)後天の精:水穀の精微から得た五臓六腑の精

*先天の精は、後天の精により補充される。 

 

5.気・血・津液の相互関係

(1)気と血の関係

気と血が生成に必要なのは、腎中の精気と水穀の精微で、肺・脾・腎などのはたらきで作られる。気には主として推動作用、温煦作用があり、血には主として栄養作用、滋潤作用がある。

 

1)気は血を生ずる:血液の基礎物質は、精が血液に転化するたあめの原動力は気である。

2)気は血をめぐらせる:血液の循行は、心悸の推動作用・肺気の散布作用・肝気の疏泄作用に助けられる。

3)気は血を摂す:気の作用により、血液が正常に脈管中を流れ外に漏れることがない状態に保つ。

4)血は気の母:血は気に水穀の精微を与え気の機能を持続させている。

5)気は陽に属し、血は陰に属す。

 

(2)気と津液の関係

気と津液はともに水穀の精微からつくられ全身を運行する共通点がある。

 

1)気旺生津、気随液脱「気が盛んなれば津を生じ、気は液にしたがって脱す」:津液は脾胃によって水穀から生成される。脾胃の気が盛んであれば津液生成が充足し、脾胃虚弱であれば津液は不足する。

2)気能化水、水停気阻「気は水を化し、水が停まれば気も阻滞する」:津液の生成・輸布・排泄は、気の昇降出入という運動をし、肺・脾・腎・三焦・膀胱などの臓腑の気化作用と関係。気の気化作用、推動作用に依拠している。

 

(3)津液と血の関係

津液も血も液体であり、栄養・滋養が主な作用であり、両者とも陰に属す。生理的には津液は血液の重要な一成分である。