首痛:動作による経絡の判別法

頚痛を動作痛を見て、どこの経絡かを判断材料にする方法です。

 

   正常位より

 

 

 前屈で痛みが強い場合は、膀胱経            後屈で痛みが強い場合は、胃経

                      

 

 側屈で痛みが強い場合は、三焦経             斜後方で痛みが強い場合は、胆経

                       

 

 回旋で痛む場合は、小腸経

 

 

これに井穴診を足して痛む経絡を確認し治療する。


*長期化(2ヶ月以上)している場合は腎経になるので腎経もあわせて治療する。