十二経脈の代表的症状

臓腑ごとにある症状があり、患者の症状を当てはめどこの疾患かどことどこの疾患かを判断するための参考とする。

 

肺経の所見

肺部の腸満・胸満・咳喘、缺盆中の疼痛、肺経上の疼痛・つっぱり感・厥冷、悪寒発熱、肩背痛、自汗、咽喉腫痛、小便頻尿、手掌の熱感。

 

大腸経の所見

下歯痛、頸部の腫れ、目黄、口乾、鼻血、咽喉部の腫痛、肩関節部の疼痛、上肢外側の痛み、示指の圧痛。

 

胃経の所見

顔黒、あくび、躁鬱症状、腸胃雷鳴、腹部腸満、鼻血、口眼喎斜(顔の歪み)、口唇の発疹、頸部の腫れ、咽喉腫痛、乳房部の疼痛、大腹水腫、膝の腫れ痛み、大腿前面部・下腿外側部・足の甲部の疼痛、お腹が減る。

 

脾経の所見

舌のこわばり・痛み、胃痛、腹腸、ゲップ、体が重くだるい、舌苔が厚い、心下急痛、下痢、水閉(浮腫・大小便秘)、黄疸、膝の内側部の腫れ痛み、足親指のしびれ痛み、雀乱(急な嘔吐・下痢)、腹部の腫れ。

 

心経の所見

咽喉部の乾き、口渇して飲みたがる、目黄、心痛、心悸、胸のつかえ、胸痛、喋れなくなる、上肢内側冷痛、掌中熱痛、肘部の引きつり痛み。

 

小腸経の所見

咽喉痛、下顎の腫れ、首がまわらない、肩甲部痛、肩関節痛、上腕・肘部・前腕部外側痛、小指のしびれ、難聴、目黄、イボ。

 

膀胱経の所見

頭痛、目の痛み、項部のこわばり・疼痛、背中の痛み、腰痛、股関節の痛み、膝窩・ふくらはぎの強ばりや痛み、踵の腫れ痛み、足小指のしびれ、痔、目黄、鼻血。

 

腎経の所見

お腹が減ってるのに食べれない、顔黒で艶がない、咳に血が混じる、呼吸が苦しく咳き込む、立ちくらみ、不安・恐れ・驚き、口熱、舌が乾く、咽喉部の腫痛、煩心、煩悶、心痛、黄疸、下痢、よく寝る、厥冷、足下熱して痛む、ひきつけ、腰痛、頻尿、閉癃(小便が出にくい)。

 

心包経の所見

心痛、胸痛、動悸、喘息、煩心、落ち着きがない、胸脇膨満、頭の強ばり、面赤、目黄、喜笑、腋腫、前腕から肘のこわばり痛み、手掌熱、循行部のこわばり痛み。

 

三焦経の所見

難聴、咽喉部の腫痛、発汗、内眥痛、頬の痛み、耳後の痛み、肩・上腕・肘・前腕の流注の疼痛、薬指のしびれ、圧痛。

 

 胆経の所見

口苦、よくため息をつく、片頭痛、難聴、外眥痛、顎痛、缺盆中腫痛、腋下の腫れ、頸にグリグリができる、胸・脇・肋・膝および脛骨外側の疼痛、足薬指の引きつれ痛み。

 

肝経の所見

頭痛、胸脇部の疼痛、顔がすすけて青黒くなる、腰痛、陰嚢腫痛、女子下腹部膨満感、胸満、嘔逆、下痢、少腹部の膨満感、鼠蹊ヘルニア、異常勃起、インポ、小便不利、小便失禁、足親指のつっぱり、膝内側痛、陰股痛、筋の痙攣、こむら返り。