十二経脈の流れ

手太陰肺経

中焦(中脘穴)に起こり、下って大腸を絡い(水分穴)、還って胃口を循り、膈(横隔膜)を上って肺に属す。肺系より横に腋下に出で(喉嚨より横に出て、腋下の前面、中府穴・雲門穴に出て)、下って臑内を循り、少陰心主の前を行き(少陰心経と厥陰心包経の前面、橈骨側、天府穴・侠白穴)、肘中(尺沢穴)を下り、にくづき臂内上骨の下廉を循り(橈骨の下側・孔最穴)、寸口に入り(経渠穴・太淵穴)、魚を上り(拇指球)、魚際穴を循り、大指の端に出ず(拇指橈側の先端・少商穴)。その支(分枝)なるものは、腕後よりただちに次指の内廉に出で(腕関節・列缺穴より)その端出ず(示指橈側の先端・商陽穴、陽明大腸経の起点)。

 

手陽明大腸経

示指末端(商陽穴)より起り、指の上廉(二間穴・三間穴)に循って合谷穴両骨の間に出ず。上って両筋の中(陽谿穴)に入り、臂の上廉(前腕)に循って肘の外廉に入る。臑外の前廉(上腕)を上り、肩に上り髃骨(肩髃附近)の前廉に出ず。上って柱骨(大椎穴)会上に出で、下って缺盆穴に入り、肺を絡い膈を下り大腸に属す。その支なるものは缺盆穴より頸を上り頬を貫き、下歯の中に入る。還り出でて口を挟み人中に交わり左は右に行き、右は左に行き上って鼻孔を挟む(晴明穴から目の中に入り陽明胃経と連絡する)。 

 

足陽明胃経

左右鼻翼の陥凹部に起こり傍ら太陽膀胱経に約す(くっつく)。下りて鼻外を循り、上歯の中に入る。還り出で口を挟み、唇を環り下って承漿穴に交わり、しりぞいて頤後の下廉に循って大迎穴に出で、頬車穴に循って耳前に上り、客主人穴を過ぎ、髪際を循り、額顱に至る。その支なる者は、大迎穴の前より人迎穴に下り、喉嚨に循って缺盆穴に入り、膈を下り胃に属し脾を(上脘・中脘・下脘)絡う。その直なるものは、缺盆穴より乳の内廉を下り、下って齋を挟み気衝穴中に入る。その支なるものは、胃口(下脘穴附近)に起こり下って腹裏を循り、下って気衝穴の中に至って合す。以て髀関穴を下り、伏兎穴に抵たり、膝臏の中を下る。下って脛の外廉を循り、足跗に下って中指の内間に入る。その支なるものは、跗上より分れて、拇指の間に入りその端に出ず(脾経の隠白穴へ行く)。

 

足太陰脾経

足の拇指の端(隠白穴)に起り、指の内側白肉際を循り、核骨(第一中足骨先端、大都穴・太白穴)の後ろを過ぎ、内果の前廉(商丘穴附近)を上り、腨(フクラハギ)内を上り、(商丘穴~三陰交穴)、脛骨の後ろを循り(漏谷穴を上行)、厥陰の前(地機穴・陰陵泉穴附近)に交わり出でて、膝股の内前廉を上りて、腹に入り脾に属し胃を絡う(衝門穴より腹内に入り、府舎穴・中極穴・関元穴を経て、中脘穴で胃を絡い、上脘穴で脾に属す)。膈を上り咽(食道)を挟みて舌本に連なり、舌下に散ず(舌根部に連なり舌下に散ずる)。その支なる者は、復た胃より別れて膈に上り心中に注ぐ(再び胃部中脘穴から膈に上り膻中の裏、心に注して少陰心経に交わる)。

 

 手少陰心経

心中に起り、出でて心系に属し、膈を下り小腸を絡う(下脘穴から小腸を絡う)。その支なる者は、心系より上りて咽を挟み目系に繋がる。その直なる者は復心系より却って肺に上り(再び心系から肺に入る)、下って腋下(腋下を循り極泉穴に至る)出づ、下って臑内の後廉(青霊穴)を循り、太陰心主の後ろ行き(手太陰肺経、手厥陰心包経よりも腕の内側を流れる)、肘内(少海穴)を下り、臂(肩から手首に至る腕全体)の内後廉(霊道穴・通里穴)を循り、掌後鋭骨(陰郄穴・神門穴)の端に抵り、掌の内廉より入り、小指の内を循ってその端に出づ(小指内側を循りその端、少衝穴に出で、手の太陽小腸経に交わる)。

 

足太陽膀胱経

目の内眼角から起こり、額に上り頭頂(百会穴)に交わる(額に上り攅竹穴を循り、神庭穴を過ぎ、曲差穴・五処穴・承光穴・通天穴より頂上の百会穴に交わる)。その支なる者は、頭頂より入って耳の上角に至る(耳の上角の角孫穴に抵り、率谷穴・浮白穴・竅陰穴を過ぎる)。その直なる者は、頭頂より入って脳を絡い(直行する者は、通天穴・絡却穴・玉枕穴より脳を絡う)、還りて出で別れて項に下り(項に下り天柱穴に抵り、大椎穴・陶道穴を過ぎ)、肩甲部の内を循って脊を挟みて(脊を挟む両側一寸半を下行)腰中に抵り、入りて膂(背骨両側の筋)に従い腎を絡い膀胱に属す。その支なる者は、腰中より脊を挟み、臀を貫き膕中に入る(上髎・次髎・中髎・下髎・会陽穴を下り承扶穴・殷門穴・浮郄穴委陽穴・膕中の委中穴に入る)。その支なる者は、肩甲内の左右より別れ、下りて甲を貫き脊を挟み、内りて髀枢を過ぎ(天柱より下り跗分穴・魄戸穴・膏肓穴・秩辺穴を下り髀枢(環跳穴)を過ぎ)、髀外を循って後廉より下って膕中(委中穴)に合す。似て下って踹内(ふくらはぎ、承筋穴・承山穴)を貫き、外踝の後ろ(崑崙穴・僕参穴)に出で、京骨穴を循って小指の外側に出る(至陰穴に至り足の少陰腎経に交わる)。 

 

 足少陰腎経

小指の下より起り(膀胱経の至陰穴から)、斜めに足心(足底の湧泉穴)に走り、然谷穴の下に出で(舟状骨粗面)、内踝の後ろを循って(太谿穴)、別れて跟中(太谿穴・太鐘穴・水泉穴)に入り、似て腨内を上り、脊を貫き腎に属し膀胱を絡う(股内の後廉を上り脊を貫き、督脈の長強穴に交会し、還りて前に出で、横骨穴・大赫穴・気穴穴・四満穴・中注穴・肓兪穴の所で腎に属す。臍を下り任脈の関元穴・中極穴を過ぎ、膀胱を絡う)。その直なる者は、腎より上って肝膈を貫き(商曲穴・石関穴・陰都穴・通谷穴の諸穴を循り、肝を貫き、上って幽門に循り膈に上り)、肺中に入り(歩廊穴を歴て肺中に入り)、喉嚨を循って舌本を挟む(神封穴・霊墟穴・神蔵穴・彧中穴・兪府穴を循り、人迎穴に並び、舌本を挟んで終る)。その支なる者は、肺より出で心を絡い胸中に注ぐ。

 

手厥陰心包経

胸中に起り、出でてえ心包絡に属し膈を下り、三焦に歴絡す(上焦(膻中穴)、中焦(中脘穴)、下焦(陰交穴・石門穴)と数珠つなぎに絡う)。その支なる者は、胸に循って脇の腋を下ること三寸(天池穴)に出で、上って腋下に抵り臑内に循って太陰少陰(肺経、心経)の間を行き、肘中(曲沢穴)に入り、中指を循ってその端(中衝穴)に出づ。その支なる者は、掌中より別れて薬指に循ってその端に出づ(三焦経の関衝穴)。

 

手少陽三焦経

薬指の端(関衝穴)に起り、上って両指の間(液門穴・中渚穴)に出づ。手の表腕(陽池穴)を循って臂外の両骨の間(外関穴・支溝穴)に出で、上って肘(天井穴)を貫き臑の外(清冷淵穴・消濼穴・臑会穴)に循って肩に上って(肩髎穴を過ぎ)足の少陰の後に交わり(天髎穴で交会)出で、(秉風穴・肩井穴を過ぎ下って)缺盆に入り膻中穴に布す(あまねく行きわたる)。心包に散絡(心包を絡う)し、膈に下り、循って三焦に属す。その支なる者は、膻中穴より上りて缺盆穴に出で、項に上り(大椎穴を過ぎ天牖穴を過ぎ)耳後に繋がり、直に上り耳の上角に出で(角孫穴に至る)、以て屈して頬に下り䪼(目の下、顴髎穴)に至る。その支なる者は、耳後(翳風穴)より耳中に入り、出でて耳前(聴宮穴)に走り、客主人穴の前を過ぎ、頬に交わり目の鋭眥(胆経の瞳子髎穴)に至る。

 

足少陽胆経

目の鋭眥(瞳子髎穴)に起こり(聴会穴・客主人穴を過ぎ)上って頭角に至り、(率谷穴より外折し)耳後(風池穴)に下り頸を循って、手の少陽(三焦経)の前に行き肩上(肩井穴)に至り、却いて手の少陽の後に交わり(大椎穴・大杼穴・秉風穴・肩髃穴などと交会)出でて缺盆穴に入る。その支なる者は、耳後(翳風穴)より耳中に入り、出でて耳前に走り目の鋭眥の後(再び瞳子髎穴)に至る。その支なる者は、鋭眥より別れて、大迎穴に下り手の少陽に合し眼窩下部に抵り下りて頬車穴に加わり、頸を下り缺盆穴に合し、以て胸中に下り、膈を貫き肝を絡い胆に属す(肝胆は表裏と為す)。脇裏にj循って気衝穴に出で、毛際(陰毛部)を還り横して脾厭(股関節、環跳穴)の中に入る。その直なる者は、缺盆穴より脇を下り、胸に循って(淵液穴・輒筋穴・日月穴を経て)季肋を過ぎ、(京門穴・帯脈穴・五枢穴・維道穴・居髎穴・を循り、上髎穴・中髎穴・長強穴に入り)下りて脾厭(環跳穴)の中に合す。以て髀陽(大腿外側)に循って膝の外廉(陽関穴)に出で、外輔骨の前(陽陵泉穴)を下り、直に下りて絶骨穴の端(陽輔穴附近)に抵り、下って外踝の前(丘墟穴)に出で、足の跗上に循って小指と次指の間(足臨泣穴・足竅陰穴)に入る。その支なる者は、跗上より別れて大指(大趾)の間に入る。大指の岐骨の内(太衝穴・行間穴)に循ってその端に出で、還って爪甲を貫き三毛(第一関節部に生えている毛)に出づ(厥陰肝経に交わる)。

 

 

足厥陰肝経

大趾叢毛(親指の毛)の際(大敦穴)より起り、上って足跗の上廉(行間穴・太衝穴)に循って、内踝を去ること一寸(中封穴に抵る)、踝を上ること(三陰交穴・蠡溝穴・中都穴を経て)八寸にて、太陰(足の太陰脾経)の後を交わり出で、膕の内廉(膝関、曲泉穴)を上り、股陰(大腿内側、陰包穴・足五里穴・陰廉穴・衝門穴・府舎穴)を循って毛中(陰毛)に入り、陰器を過ぎ小腹に抵り(陰器を還り小腹に抵りて上り曲骨穴・中極穴・関元穴に交会)、胃を挟み肝に属し胆を絡う(章門穴を循って期門穴に至り胃を前後に挟み、肝に属し、日月穴のところで胆を絡う)。上って膈を貫き脇肋に布し(脇肋をくまなくめぐり)、喉嚨の後(気管の後)に循って、上りて頏顙(鼻咽部)に入り目系に連って上り額(頭臨泣穴のところ)に出で督脈と巓(百会穴)に会す。その支なる者は、目系より頬裏を下り、唇内を還る。その支なる者は復た肝(期門穴)より別れ、膈を貫き、上って肺に注ぐ(下行して中焦(中脘穴)に至り手の太陰肺経とつながり循環する)。