施術内容について

■診察流れ

1,四診(望診(視覚的観察)、聞診(聞くと臭い)、問診(質問)、切診(脈診、按診)→

2,弁証(四診にもとづいて診断)→

3,治療方法の確定→

4,経穴を決める→

5,鍼灸(補法、瀉法)→

6,効果の確認→1,四診へ

 

四診とは、

望診とは、神(生命力)・色・形・態・舌象を視覚的に観察し、内臓の病変を推測し、疾病の状況を知る診察方法です。

聞診とは、「聞く」だけでなく「におい」を確認するという意味で、患者さまの発語する際の音声を確認し、また気味(におい)を確認する診察方法です。

問診とは、患者さまやその付添いのかたにご質問することにより、発病の時期・原因・経過・既往歴・痛みの部位および生活習慣・飲食における嗜好などの疾病に関する情報を収集する診察法です。

切診とは、脈診と按診の2つがあり、施術者の手で患者さまの所定の部位を触れたり、撫でたり、按圧を行い病状を知る診察方法です。

 

弁証とは、

四診で得た情報にもとづいて診断を行う方法論で、治療を決めるための前提・根拠であり、正しい判定をするための根拠です。

弁証により得られた結果にもとづき治療原則を確立し、経穴を確定し、施術(鍼・灸)を行います。