腰痛:動作による経絡の判別法

腰痛を動作痛を見て、どこの経絡かを判断材料にする方法です。

起立時より

 

前屈で痛みが強い場合は、膀胱経        後屈で痛みが強い場合は、腎経

               

 

側屈・後方斜めで痛みが強い場合は、胆経

               

 

横への捩じりで痛みが強い場合は、小腸経


 

これに井穴診を足して痛む経絡を確認し治療する。


 *長期化(2ヶ月以上)している場合は腎経になるので腎経を治療する。