写真

腎経のツボ
2012-06-07 16:06:57
1)湧泉

今日の一穴は、腎経の湧泉穴(別名:地衝・跟心)を紹介します。

場所は、足底の中央で指を屈してできる陥凹部に取る。

腎臓疾患、急性・慢性腎炎、婦人科疾患で足・腰・下腹部の冷え、頭頂痛、混迷、目眩、暑気あたり、ヒステリー、癲癇、小児のひきつけ、足底の痛み、脳出血の昏睡状態、喉が渇いて喘ぐ、腰痛、便秘、下痢して下腹が重い、排尿障害に効く。

2012-06-17 19:44:42
2)然谷

今日の一穴は、腎経の然谷穴(別名:然骨・龍淵・龍泉)を紹介します。

場所は、内果の前下方に少し高く出ている骨が舟状骨でその先端の下陥凹部に取る。

足底痛、足心痛、咽喉痛、咽喉の腫れ、子宮充血、月経不順、インポテンツ、遺精、膀胱炎、扁桃炎、心筋炎、血圧亢進、足の冷え、汗・寝汗、下痢に効く。

2012-04-17 12:17:35
3)太谿

今日の一穴は、腎経の太谿読みタイケイ(別名:呂細・太溪)を紹介します。
場所は、足の内果のもっとも尖った処のうしろで動脈拍動部にとる
腎疾患を主る。腎炎、膀胱炎、気管支炎、扁桃炎、中耳炎、喘息、月経不順、インポテンツ、手足の冷えなどに効く。

2012-08-07 17:28:18
4)大鐘

今日の一穴は、腎経の大鐘穴を紹介します。

場所は、腎経の太谿穴と水泉穴の中間に取る。

月経不順、子宮内膜炎、子宮位置異常、脛骨痛、脛骨神経痛、喀血、喘息、小便不利、便秘、微弱呼吸に効く。

2012-05-29 17:32:44
5)照海

今日の一穴は、腎経の照海穴(別名:陰蹻)を紹介します。

場所は、内果より親指一本分(一寸)下の部分の押えて凹む骨の間に取る。

腎疾患、遺尿、淋疾、婦人科疾患に良く効き、月経不順・子宮内膜症炎・子宮位置異常、急な勃起、捻挫、急性腰痛、癲癇、ヒステリー、目の奥の痛み、眩暈、神経衰弱に効く。

古典では、「夜間の癲癇には灸する」とあります。

1 2 3 4 5 6